スパークプラグ | メンテナンス品

NGK プレミアムRXプラグ入荷しました!!

お待たせしました!雑誌やTVで話題のRXプラグ、ついに東雲にも入荷しました!


このプラグ、電極にルテニウムを採用しております。

これにより一般プラグと比べて燃費が1.9%も向上!低温時の始動性もバツグンです♪



交換目安は10万kmで長寿命。あなたのお車も是非交換してみてはいかがですか!?

BOSCH・スパークプラグ「プラチナ・イリジウム・フュージョン」売れてます!

BOSCHのスパークプラグの新商品の販売を開始しました!


〜特徴〜
★強度に長けた、プラチナ(白金)とイリジウムの合金を採用し、
0.56mmの中心電極で強力かつ確実な点火を実現!

★独自の4極の電極を採用する事で、着火(スパーク)による磨耗を
分散し、高い耐久性を実現!

★国産車から輸入車まで、幅広い適合の実現!

ボッシュ独自の技術が、プラチナの優れた耐酸化性能とイリジウムの高温での耐摩耗性能の融合(フュージョン)を可能にしました。プラチナ・イリジウム中心電極は優れた着火性能と耐久性を実現。4極の接地電極は、消耗を分散し安定したギャップを確保します。希少金属のイットリウムを採用することで更に耐久性を向上させます。


商品の詳細・適合はコチラから!

http://www.bosch.co.jp/jp/aa/products/group.asp?id=PlatinumIrFusion

イリジウムプラグでパワーアップ&ECO

ガソリンエンジン車には、左図のようなスパークプラグ(点火プラグ)という部品があり、エンジンの内部に入ったガソリンに点火し、爆発を促しています。文字通り、車のエンジンの火付け役です!

しかしこのスパークプラグ、中央の突起から下の平地へ雷を落とし続けているようなもので、焼け焦げたり、破損してしまったりするのです。そうするとエンジンの調子が悪くなります。

一般的に、スパークプラグの交換目安は20,000〜35,000kmと言われています。但し、使用条件によって異なりますし、この距離を越えたから使えないという事ではありません。あくまでも、スパークプラグの性能の美味しい部分の寿命という事です。また、中には「白金プラグ」という物もあり、その名の如く材料に白金を使う事で耐久性に優れ、10万km使用可能なんて物もあります!
「プラグなんて変えた事もない」、「最近エンジンの吹け上がりが悪い」、「前に比べて最近燃費が悪い」なんて不安に思っているあなた! プラグの買え時かもしれませんよ?
どうせ交換するなら、「イリジウムプラグ」をぜひどうぞ!

イリジウムとは…
一般のスパークプラグに使用されている金属に比べ、非常に硬く、また溶けにくい金属です。これにより、実際に火花を飛ばすスパークプラグの中心電極を、より細くする事ができます。

すると…  

「細い=表面積が小さい」という事で、周りの空気に冷やされる事がなく、プラグの先端を適正温度に保つ事が出来る為、「強く・安定した火花」を飛ばせるのです!
イリジウムプラグのここが凄い!
◆パワー & レスポンスUP
◆ECO & 燃費UP
◆静粛性UP(アイドリングが静かになります)

<DENSO製プラグ>詳しくはコチラ  <NGK製プラグ>詳しくはコチラ